北欧便り


2009/06
2009/05
2009/04
それ以前の分
 

 夏至祭(2009/07)

6月の3週間目の週末は、待望の夏至祭。短いフィンランドの夏の訪れを祝う、ナガーイ1日。通常湖畔で過ごすます。夜、薄く暗くなる10時ごろに大きな火を焚く習慣があります。今年は天気に恵まれずで、曇りでとても半袖では風邪をひいてしまう程の日ではありましたが、天気など関係なく若者は友達と共の時間を大切に過ごしました。
女性にとってロマンティックな日であります。未婚の女性にとって、素敵な結婚相手を見つける事が出来るのです。
男性にとって男のガッツを表す日であります。翌日のニュースでは、例年のごとく、この日に起きた事故死の数を発表、なんと12人が夏の訪れと共に天国へ。その多くの事故は、冷たい湖で、酒気を浴びた水泳が原因です。
1週間前には、薪を集め、ボートの前方の形をつくりこの日の訪れを待望します。 10時ごろに大きな火を焚く
夏の訪れを祝う楽しそうな若者の顔 湖に飛び込み勇敢さを披露する男性
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign.com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008.サンタレター協会. All Rights Reserved.