北欧便り

2010/02
2010/01
2009/11,12
2009/10
2009/09
2009/08
2009/07
2009/06
2009/05
2009/04 それ以前の分
 

 グラービサーモン(2010/03)

北欧料理の塩生サーモンはグラービサーモンと呼ばれています。グラービはスエーデ ン語で埋葬の意味で、塩をふり掛けて眠らせたサーモンの意味になります。塩をふった生魚は、伝統的なオードブル料理として愛されてきました。ゆでたジャガイモと合 わせてますが、私風のレシピを紹介します。
油ののったノルウェイ産のサーモンはおいしいですが、今回はフィンランドの養殖虹鱒で料理します。いったん冷凍すると寄生虫の心配もありません。
魚を半分におろし、大粒の塩と甘味を出すために砂糖をしみ込ませます。一晩冷凍庫に寝かせ、おいしい鮭料理の準備OK。
フィンランドで採れたジャガイモは通常、茹でていただきます。そのシンプルな 素材の味と鮭の塩味とぴったりですが、油で揚げたスライスポテトでもとてもおいしくいただけます。 スライスした切り身をジャガイモを隠す様に綺麗に載せます。後は自分の好み に合わせて付け合せをします。野菜、果物類は輸入が殆どです。アボカドスライス、 キャビア、アスパラガス、レモンの皮で全体の色と栄養度を合わせ、自製のマヨネーズで仕上げました。
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign.com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008.サンタレター協会. All Rights Reserved.