北欧便り

2010/08
2010/07
2010/06
2010/05
2010/04
2010/03
2010/02
2010/01
2009/11,12
2009/10
2009/09
2009/08
2009/07
2009/06
2009/05
2009/04 それ以前の分
 

 今年の夏(2010/09)

フィンランドの魅力は、落ち着いた環境の中で、新鮮な空気と水、木や芝生に囲まれた住居、スロウライフ生活を満喫できる事である。
今年の夏は、歴史上最も暑い37度の気温を記録した。通常4週間に続く夏休みの半分以上は、涼しい曇りの日々である。今年は例外で素晴らしい夏がつづいている。 
仕事や勉強のストレスから完全に離れる事を夏休みの重大な課題としている。だから、宿題は無い。会社からは誰からも電話は入ってこない。6人に一人は、サマーハウスを所有している。森、湖があり、キノコ、ベリー狩りで自然のなかで涼しい時間が過ぎる。森の散歩の後は、湖畔でのサウナ。白樺の葉を束にして、体を叩く。血の循環が良くなるのである。そして暖まった体を湖の冷たい水で冷やす。
日の沈まない夕日が背景である。
夏休みを楽しむ家族たち 白夜の湖畔。写真撮影は8月、夜の11時。
ヘルシンキから100KMの西海岸にあるハンコの港町の海岸に沿って立ち並ぶ150年前に建てられたサマーハウス。 曇りの日のハンコの海岸から海を眺める。岩のある海は京都の石庭の岩のレイアウトを思い出させる。
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign.com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008.サンタレター協会. All Rights Reserved.