北欧便り

2011/06
2011/05
2011/04
2011/03
2011/02
2011/01
2010/12
2010/11
2010/10
2010/09
2010/08
2010/07
2010/06
2010/05
2010/04
2010/03
2010/02
2010/01
2009/11,12
2009/10
2009/09
2009/08
2009/07
2009/06
2009/05
2009/04
 

エスプラナディ通り(2011/07)

英モノクル誌の調査で「世界でもっとも住みやすい都市2011年」にフィンランドの首都ヘルシンキを選びました。同誌の去年2010年調査では第5位だったヘルシンキ。今年は3位のコペンハーゲン、2位のチューリッヒを抜いて第1位。その理由として「斬新な都市計画を実行させる勇気、それを遂行する能力、着想、シス(フィンランド語。意味はガッツ)がある。古い建築物と未来志向の都市計画がバランスよく共存し、そして屋外に設置されたベンチや椅子、緑の空間。犯罪も少なく、教育制度は世界的なレベルであり、ビジネスコミュニティーには、起業家精神や革新性がある」と。夏のヘルシンキの一番の繁華街エスプラナディ通りの風景です。
サンタクロースのショップは夏でも人気です。両側が公園になっているエスプラナディ通り。 通り沿いで家族でヘルシンキの夏をインジョイ。
エスプラナディ通りの先にあるマーケット通りでは露天商がベリーを売っています。 トナカイの皮は、観光客に大人気。
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign.com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008.サンタレター協会. All Rights Reserved.