北欧便り

2012/02
2012/01
2011/12
2011/11
2011/10
2011/09
2011/08
2011/07
2011/06
2011/05
2011/04
2011/03
2011/02
2011/01
2010/12
2010/11
2010/10
2010/09
2010/08
2010/07
2010/06
2010/05
2010/04
2010/03
2010/02
2010/01
2009/11,12
2009/10
2009/09
2009/08
2009/07
2009/06
2009/05
2009/04
 

絵本の国ユニバッケン(2012/03)

絵本の国ユニバッケンを訪れました。北欧人であれば誰でも知っているスエーデンの絵本作家のキャレクターや建物、動物たちが実物大の模型で飾られており、乗ったり、触ったり、絵本の世界へ浸透できる夢あふれる場であり、素朴な舞台設置で子供たちは満足して 楽しんでいました。スエーデンの暮らしと文化が覗ける場でもあり、大人も十分 に楽しめる場であります。この場を訪れる前にスエーデンの絵本を読んで頂ければ、この場に来る意味がさらに深まります。著名作家Astrid Lindgrenが戦後1945年に発表した作品で、主人公は女の子ピッピ、彼女のお父さんは海賊で、その血を受け継ぎ、千人力のパワーでいろいろないたずらを巻き起こす楽しい話でいっぱいです。赤毛のポニーテールが特徴。この作家の作品は、戦後のウエーデンの子供たちに女子で男子との平等性と心強い勇気と自信確信感を絵本を通して社会へ貢献しました。
絵本の国ユニバッケンは、ヴァーサ号博物館、北方民族博物館(写真)の隣にあります。
ピピの家。室内も台所から寝室まで絵本の通りに細かく描かれ建てられており、絵本の世界への幻想が味合える。 黒点のぽち白馬のピピの愛馬。いつも一緒に散歩をします。海賊 のお父さんが残した金貨は、使えすぎないほどあり、恵まれない人達を助けます。
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign.com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008.サンタレター協会. All Rights Reserved.