北欧便り

2012/08
2012/07
2012/06
2012/05
2012/04
2012/03
2012/02
2012/01
2011/12
2011/11
2011/10
2011/09
2011/08
2011/07
2011/06
2011/05
2011/04
2011/03
2011/02
2011/01
2010/12
2010/11
2010/10
2010/09
2010/08
2010/07
2010/06
2010/05
2010/04
2010/03
2010/02
2010/01
2009/11、12
2009/10
2009/09
2009/08
2009/07
2009/06
2009/05
2009/04
 

シェフの日(2012/09)

フィンランドも世界で受ける楽しい文化を発信しています。数年前からシェフの日が話題を呼ぶようになりました。
8月の終わりの日曜日は、誰でもクッキングに腕のある人が自慢の味を見てもらうことができる機会で、アドレスをインターネットに乗せるだけで、食味に興味のある多くの人たちが味見をしに来てくれるのです。味の話題は新聞にも載りますので、腕を振るう機会であります。西ヘルシンキ地域にある、家庭を訪れました。料理の味だけではなく、訪れることのできない他人の家の建築にも触れることができる大変興味深い日でもあります。
家を訪れると、住人の個性を取り入れた設計が気に入ってしまい、料理の写真よりも家の写真を撮り続けてしまいました。大きな中庭と円形の木造建築です。円形に続く廊下に沿って、子供部屋、仕事部屋、書斎、ベッドルーム、キッチンと融合した暖炉のあるリビング、トイレを除き、すべての部屋にはドアがありません。
メニューは、1000円でチーズを溶かしたピーマンのひき肉詰め、サラダ添え。デザートはパンケーキ、ウィップクリームとイチゴジャム添え。ワイングラス300円。食事をしながらゆっくりと建築を楽しみ、ときを過ごしました。
円形の木造の家に囲まれた大きな中庭 木で作られたドアのないオープンな間取り
ぬくもりが感じられる暖かそうな子供部屋 オープンキッチンで料理を作ってふるまう奥様
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign。com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008。サンタレター協会。 All Rights Reserved。