北欧便り

2013/09
2013/08
2013/07
2013/06
2013/05
2013/04
2013/03
2013/02
2013/01
2012/12
2012/11
2012/10
2012/09
2012/08
2012/07
2012/06
2012/05
2012/04
2012/03
2012/02
2012/01
2011/12
2011/11
2011/10
2011/09
2011/08
2011/07
2011/06
2011/05
2011/04
2011/03
2011/02
2011/01
2010/12
2010/11
2010/10
2010/09
2010/08
2010/07
2010/06
2010/05
2010/04
2010/03
2010/02
2010/01
2009/11、12
2009/10
2009/09
2009/08
2009/07
2009/06
2009/05
2009/04
 

きのこ狩り(2013/10)

国立公園にある湖に囲まれた森、メリテイヨはヘルシンキから150km西海岸地域にあります。この森の入り口には国家森林組織が運営する家がありいつでも、おいしい又は毒キノコについて教えてくれるやさしいおばさんがいます。
公園はどこでも無料で使用が許可されており、火を焚ける場には薪が用意されており、ソーセージなどを焼きながら湖畔の自然を満喫できます。
この日は、森から集めた色々な種類のきのこが庭のテーブルに飾られており、それぞれのおいしさのレベル、毒キノコの紹介がありました。
フィンランドの食欲の秋の珍味は森で自分で採る茸で、多くの人はビンにつめて冷凍保存しています。イタリアのトップレストランもフィンランドの茸を輸入しています。中央フィンランドの松茸は日本へ輸出されています。
森に育つ茸の中でおいしいものは30%、毒性は5%、他はおいしさ評価度低い茸。森の案内人と歩くと食用植物が森一杯に繁殖しているのに気がつきます。森は知れば知るほど興味が湧いてくる場です。
                                                                   
茸の展示、草木を使った染色等森の秘密を紹介 テーブルに広げた茸の色々
毒キノコの様だがかなりおいしい 少量の場合、覚醒剤になる毒キノコ
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign。com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008。サンタレター協会。 All Rights Reserved。