フィンランド便り

2014/04
2014/03
2014/02
2014/01
2013/11.12
2013/10
2013/09
2013/08
2013/07
2013/06
2013/05
2013/04
2013/03
2013/02
2013/01
2012/12
2012/11
2012/10
2012/09
2012/08
2012/07
2012/06
2012/05
2012/04
2012/03
2012/02
2012/01
2011/12
2011/11
2011/10
2011/09
2011/08
2011/07
2011/06
2011/05
2011/04
2011/03
2011/02
2011/01
2010/12
2010/11
2010/10
2010/09
2010/08
2010/07
2010/06
2010/05
2010/04
2010/03
2010/02
2010/01
2009/11、12
2009/10
2009/09
2009/08
2009/07
2009/06
2009/05
2009/04
 

ラーメン店渇望(2014/05)

北欧では、日本の味の代表は寿司.。他のヨーロッパの都市では、ラーメン屋が第2の日本食ブームとなりヨーロッパ全国の主要都市に広がりだしている。しかしヘルシンキでは、まだおいしいラーメン屋は登場していません。
寿司が高く評価される理由は、他の料理法と違い、魚とライスのシンプルな組み合わせで、お互いの素材の本質を味合う料理で、健康食でもありフィンランド人にも人気があります。
一方ラーメンは、色々な素材から味を取り出し、スパイスから脂まで複雑な組み合わせでおいしさを工夫する料理ですが、まだヘルシンキには日本人経営の美味しいラーメン屋さんはありません。中国人経営の日本レストランはありますが、安くて日本の心が楽しめるレストランが恋しいです。
イタリア, ミラノのラーメン。この店のオーナーはイタリア紳士。素敵な日本人夫婦との共同経営のラーメンの味は、薄味の上品な味、素材を生かしたパスタ風ラーメンでした。スープはあっさり味のおいしさ。麺はパスタ、具はピーマンとゆで卵、そして鶏のもも肉のスラス。値段は、醤油ラーメン12ヨーロでした。
ヘルシンキのすし店 サーモンがおすすめ、
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign。com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008。サンタレター協会。 All Rights Reserved。