フィンランド便り

2014/05
2014/04
2014/03
2014/02
2014/01
2013/11.12
2013/10
2013/09
2013/08
2013/07
2013/06
2013/05
2013/04
2013/03
2013/02
2013/01
2012/12
2012/11
2012/10
2012/09
2012/08
2012/07
2012/06
2012/05
2012/04
2012/03
2012/02
2012/01
2011/12
2011/11
2011/10
2011/09
2011/08
2011/07
2011/06
2011/05
2011/04
2011/03
2011/02
2011/01
2010/12
2010/11
2010/10
2010/09
2010/08
2010/07
2010/06
2010/05
2010/04
2010/03
2010/02
2010/01
2009/11、12
2009/10
2009/09
2009/08
2009/07
2009/06
2009/05
2009/04
 

洗礼命名式(2014/06)

今日は、孫が生まれて4週間がたちます。この日は、家に牧師さんに来て頂き、赤ちゃんが洗礼を受ける大事な日であります。
赤ちゃんが生まれ、2ヶ月以内にプロテスタント教会に属している家族は、赤ちゃんへ洗礼を受けさせます。場所は、教会で又は、家庭へ牧師に来て頂き洗礼儀式を行います。  この日は宗教だけの意味合いだけでなく、赤ちゃんへ名前を与える人生出発の大事な日でもあります。
フィンランドでは通常3連形式の名前を授けます。同姓、同名の混乱を防ぐためです。
孫の名前は、Lila Minea 女の子です。初めの名前LILAは紫色、紫の様に気品ある女の子に育ってくれる様に付けました。2番目は親の名前にして2連式で名前を授けました。
この日、牧師は一つ質問を致します。どの様に赤ちゃんに将来なってくれるか親の希望を問い合わせます。明るい性格であれば、世界は開けます。オープンマインドで世界の人達と交際できる人格になって欲しいと私達は願いました。    
女性牧師様が赤ちゃんへ話しかけますがリラちゃんはなぜか心配そうな表情です。
親戚一同賛美歌の合奏で祝います。 牧師様がクリスタルの器で指をぬらし赤ちゃんの頭をなでます。洗礼の瞬間です。
終わってみんなで赤ちゃんの無事成長を祈願して乾杯です。 ゲストへのおもてなしは、リラ色のナプキン、ケーキ、花。プレゼントもリラ色のおもちゃが贈られました。
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign。com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008。サンタレター協会。 All Rights Reserved。