フィンランド便り

木の精との会話(2015/09)

夏が終わりました。9月下旬に向って秋の紅葉の訪れを待つ時期になりました。気温は10度前後のフィンランドからの便りです。 ヘルシンキ中心街にあるエスプラナーディの散歩道に沿って、世界温暖化へ呼びかけるキャンペーンが催されました。オーゾンを破壊する燃料を使わず自然をクールに保つ呼びかけを致しました。多くの人達にエスプラ通りにそびえ立つ大木にハッグしてもらい、木の精との会話の一時を感じてもらいました。
         
      
ヘルシンキ中心街にあるエスプラナーディの散歩道
木の精からのメッセージ聞こえる 木が呼吸する音が聞こえる様です
 大木の枝に乗って遊ぶ 木の精を表現したパーフォーマンス








 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign。com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008。サンタレター協会。 All Rights Reserved。