フィンランド便り

クリスマス風景(2015/12)

アドベンティロウソクも来週で4本目に点灯し待望のクリスマスがやって来ます。クリスマスカードは12月15日前にポストへ入れれば30%引き。クリスマスツリーは今年の切手に描かれているように、森から切って家まで運びます。クリスマス料理のメインは豚の太もも肉をオーブンで時間を掛けて焼いたローストハム。夜中にオーブンに入れると、朝方オーブンからの良い匂で皆早起きします。そして薄く切った肉を味見します。このつまみ食いからクリスマスイブの朝が始まります。そしてサウナに入って気持ち良く教会へ行きます。朝早くから夜遅くまで数回クリスマスミサを行っています。クリスマスソングを歌い、牧師の祝福を受けクリスマス気分が最高潮になります。夜小さな子供の居る家庭では、家の者がサンタに化けて登場しプレゼントを渡します。サンタサービスもあり、事前に頼んでおくと、本当のサンタがやって来てくれます。この日の夜は、忙しく家から家へ駆け回るサンタの姿を見かけます。サンタの助っ人でトンツと呼ばれている小人がいます。トンツは、クリスマスの間だけ現れるのではなく、家のどこかにいつも隠れています。
         
      
通りでクリスマス用の自家製のジャムを売るおばあさん
クリスマスのミサ サンタさんに欲しいプレゼントを伝える子供
動物も着飾って歩いています クリスマス料理に使う野菜売り場
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign。com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008。サンタレター協会。 All Rights Reserved。