フィンランド便り

クリスマス明け(2016/01)

今年のヘルシンキは、暖冬の中雪の降らないクリスマスになりました。しかし、クリスマスが過ぎると気温は下がりだし始め氷点下になりました。
クリスマスの翌日26日は、ボクシングデイ(Boxing Day)と呼ばれる祭日です。初めその意味が分からなく、クリスマスの間家に閉じこもり友達との接触も無く、2日間の退屈気分をボクシングで蹴っ飛ばす日?なのかと不思議に思っていた時がありました。確かにクリスマスは家族と一緒に過ごす意味合いの日々で、街中はゴーストタウンのように静かであり、外出する人は殆どいません。そしてその翌26日は、外で友達仲間と元気良く遊び、日常の生活リズムに戻ります。
この日の名称の本当の意味を聞いて見ますと、BOXは教会の献金箱を意味し、クリスマスの日々に集まった献金箱を開ける意味合いから始まったとのことです。スポーツのボクシングとは関係ありませんでした。
サンタレターは世界15ヶ国の方にお送り致しました。
フィンランドでもサンタレターが喜ばれました。
         
    
 
新年のご挨拶
サンタクロースがやってきた! クリスマスツリー
サンタレターを読むフィンランドの女の子
 
サンタクロースが住んでいるスカンディナビアの北欧人の生活、デザイン、建築、食べ物、言葉など色々なお話をフィンランドを中心に現地から直接にお伝えする、”北欧を知る”ページです。何か知りたい事、なんでもいいから、質問してください。
  問合せ先 sonny@nakaidesign。com 在フィンランド35年のIN Design社 Sonny Nakaiさんが答えてくれます
Copyright © 2008。サンタレター協会。 All Rights Reserved。