タリン(エストニア)

ヘルシンキよりフェリーで1時間30分 中世を留める美しいハンザ同盟都市

タリン(エストニア) 内容紹介

ヘルシンキよりフェリーで1時間半で日帰り観光できます。日帰りのクルーズがあります。ハンザ同盟で栄えた城壁で囲まれた北欧で最も中世の色を残す美しい街です。デンマーク、ドイツ、スウェーデン、ロシアの支配下に置かれロシア正教の寺院が見られます。街角にはアンティークの店や屋台がでて中世の雰囲気をかもし出します。おとぎ話にあるような街で大変楽しめます。
街への入口  高台から見た全景
 古い町並を散策する人々  そこそこにある屋台
 アレクサンドル。ネフスキー教会 大道芸人 
城壁を巡る道 ひらめくエストニア国旗

タリンの場所/行き方

直接行く場合:ヘルシンキのマーケット広場の先のほうにあるマカシーニミナルよりリンダラインに乗ります。少し歩くので早めに行くようにしてください。
このほかにクルーズがあります。下記hpおよびヘルシンキ観光案内所で確かめてください。

タリンへの発着時間

直接行く場合 ヘルシンキ発 8時から2時間毎、帰りタリン発 8時から2時間毎 日曜は間引きあり。
乗船時間1時間30分。
8月17日以降は異なる。詳しくは下記ホームページで調べること。
クルーズについては下記hpおよびヘルシンキ観光案内所でも確かめてください。

タリンへの費用

ヘルシンキより船賃往復52ユーロ(7000円)年金生活者、学生、子供割引あり。タリン街へは無料

タリン関連ホームページ(時間等変更のため必ず確認要)

タリン観光案内所日本語案内 日本語でタリンのすべてを案内しています。
リンダライン時刻表 船便時刻表および料金を記載してあります。
ヴィキングライン日本語案内 クルーズ時刻表料金あり

推薦/備考

通貨はクローンです。両替が必要です。フィンランドから近くても別の国ですのでパスポートが必要です。
ホーム 北欧旅案内 戻る サンタレタ協会