アンデルセン博物館+フライエット 

場所: デンマーク オーデンセ市内 駅から徒歩10分

最大の見所はアンデルセンの一生の歩みが資料とともに展示されているところである。理解を深めるには事前にアンデルセンの自伝を読んでおく(岩波書店840円)事が必須です。アンデルセンが描いた挿絵、切り抜き、押し花なども集められており、器用なのに驚かされる。有名な画家が描いた挿絵も展示されている。
子供がアンデルセンに触れあうには事前に主要な童話を読んできた上で博物館の隣にあるフライエットでドラマ、変装、読み聞かせなどに参加するのが良いと思われる。
アンデルセン博物館、隣にフライエットがある 使った旅行具
切り絵え 押し花
日記 有名な画家が書いた挿絵

オーデンセ駅からアンデルセン博物館への行き方

オーデンセ駅前 モダンなアンデルセン像 公園の中を左方向の道を行く

アンデルセン博物館 子供の家 フライエット 開館時間

博物館    6/16〜8/15 9:00−18:00  8/16〜6/15 火〜日10:00−16:00(月曜休館)   休館 12/24,25,31 1/1
子供の家  6/16〜8/15 10:00−16:00 8/16〜6/15 火〜日11:00−15:00(月曜休館)   休館 12/24,25,31 1/1
フライエット 6/26〜8/8 10:00−17:00 8/9〜8/31 11:00−16:00 9/1〜6/25 火〜日 11:00−16:00(月曜休館)
         話聞かせ 平日 11:30、14:00 土日12:00、14:00

オーデンセ駅からの費用(大人往復)

 入場料 博物館55 フライエット70 (博物館+フライエットセット券100) 子供の家25  計150DKR 3000円

注意

アンデルセン博物館の案内 フライエットの案内の英文ホームページがあります。イベント予定、開館時間、休館、料金、行き方などが書かれて必見です。

一緒に廻る場合の行き方。
市庁舎横の(i)に行ってアンデルセン巡りの情報などを聞き、まずフライエットで読み聞かせなど2時間過ごし、次に隣の博物館に行き、その後で早く閉まってしまう子供の家から順にアンデルセン巡りをすると良いように思われる。

推薦 

事前にアンデルセン自伝、童話を読んで行けば、理解を深くすることができ、遠いけれど行く値打ちがある。

上へ戻る

ホーム 北欧旅案内 戻る サンタレタ協会