ノルウェー石油博物館

ノルウェー スタヴァンゲル市にある北海油田の博物館

ノルウェー石油博物館 内容紹介

スタヴァンゲル市の沖合いの北海の荒波の下を掘って石油を取り出す北海油田はノルウェーの大きな産業になっています。イギリスにパイプ輸送されヨーロッパに輸出されています。過去においては大爆発も経験し安全にも万全を期しています。地球に石油の発生する様子、石油掘削ステーションの技術、安全への取り組みなどを展示しています。3次元立体の映画の放映があり理解のために必見です。スタヴァンゲル市はリーセフィヨルドへの拠点にもなっています。
石油博物館  海上ステーションの模型
 ステーションの中  掘削軸
 軸に付ける切削ドリル 作業している姿 
スタヴァンゲル市中央ブレイヤ湖周辺 漁船から魚を売る風景

ノルウェー石油博物館への行き方

スタヴァンゲル市へは飛行機が便利で早い。時刻表下記ホームページを参照下さい。
ベルゲンよりフェリー(4時間10分)
スタヴァンゲル市中央からは歩いてすぐ、大きな建物、のぼりがありすぐ分かります。

ノルウェー石油博物館の営業時間

6/1-8/31 10時ー19時 入場料 40nkr(600円)
9/1-5/31 10時ー16時 日曜 10時ー18時
時刻は年、季節、曜日で換わるので下記ホームページで確認すること             

スタヴァンゲル市

スタヴァンゲル市はリーセフィヨルドへの拠点になっています。

ノルウェー石油博物館の関連ホームページ(時間等変更のため必ず確認要)

スカンジナヴィア航空 各都市間の時刻表       
ノルウェー石油博物館

推薦/備考

ホーム 北欧旅案内 戻る サンタレタ協会