リンネ博物館

スウェーデン ウプサラ市郊外

リンネ博物館 内容紹介

カール・リンネは18世紀活躍した世界的な植物学者でおしべとめしべの数で植物を体系化し分類したことで知られる。多くの弟子が世界中から植物を採集し体系化し植物名を命名した。博物館は住居と講義室を再現している。前の庭園には採集された世界中の植物が栽培されている。
リンネ博物館入り口 正面から見たリンネ博物館、庭園
リンネ像 地域別に分類された植物栽培
リンネのノート 日本原産しその栽培
スウェーデン一のウプサラ大聖堂 大聖堂に祭られたリンネの墓石

リンネ博物館の場所・行き方

ストックホルムから電車でウプサラ駅まで30分 ウプサラ駅から1キロ程度、
 駅前よりバス、またはタクシー
ウプサラ駅

リンネ博物館 営業時間

5月1日ー8月31日 火曜日ー日曜日 11時ー17時
9月 金曜日ー日曜日 11時ー17時

リンネ博物館 休館日

月曜日、10月1日ー4月30日

リンネ博物館 費用

60sek(800円/大人)

リンネ博物館 事前調査のためのホームページ(時間等変更のため必ず確認要)

ウプサラ大学リンネ案内  英語の案内
ウプサラ観光案内所

推薦・備考

ホーム 北欧旅案内 戻る サンタレタ協会