ノーベル博物館

ストックホルムにあるノーベル賞100周年を記念して建てられた博物館

ノーベル博物館 見どころ紹介

アルフレッド・ノーベルはダイナマイトを発明し、産業革命と共に盛んになった鉄道の敷設や石炭や鉱石の発掘に使われたが、心ならずも戦争に使われ大量殺戮の元凶になった。得た巨万の富を元にノーベル賞を作るように遺言した。元証券取引所を改造した博物館の中にはノーベルの生涯やノーベル賞の歴史を展示している。
年代別に受賞者、受賞内容を紹介している。
創造性をはぐくむ環境や受賞者の功績の映画が別々の部屋で放映されている。
子供向けの実験の部屋もある。館内のカフェでは式に出されるアイスクリームが食べられる。
ガムラスタンの広場にあるノーベル博物館 元証券取引所を改造
ノーベルのデスマスク ノーベルが常時持参していたかばん
遺言状 カフェの椅子の裏にある小柴、田中氏のサイン

 ノーベル博物館 行き方

ストックホルム駅から徒歩20分、地下鉄ガムラスタン駅すぐ

 ノーベル博物館 営業時間

夏季毎日10−17時 火曜日10−20時
9月中旬ー5月中旬 火曜日11−20時 水曜ー日曜11−17時 月曜休館
日本語音声ガイドを借りることが出来ます。1日2回11時15分、3時に英語でガイドがある。

 ノーベル博物館 休館日

9月中旬ー5月中旬 月曜日

 ノーベル博物館 費用

70dkk(900円) 日本語音声ガイド 20dkk(250円)

事前調査のためのホームページ(時間等変更のため必ず確認要)

ノーベル博物館  英語 営業時間・費用記載

推薦・備考

創造性を生む環境の映画をじっくり見る(8分*9本)のが有益
 
ホーム 北欧旅案内 戻る サンタレタ協会