中世の生活を再現したオーフスのデン・ガムレ・ビュ  

場所: デンマーク オーフス市内 市内からバス15分

中世のデンマーク各地の民家、店、公共施設を集めた日本の江戸村風の野外博物館。当時の生活、仕事、商業が再現され、屋台、イベントが催されている。オーフスの観光の目玉になっている。博物館の周りは美しい公園になっており博物館から公園への出口を聞いて散策するとよい。
概観 郵便局
靴屋さん 昔の遊び
昔のままのソーセージを売る屋台 馬車で一周

オーフス駅からデン・ガムレ・ビュへの行き方

デン・ガムレ・ビュ 開館時間

1/1〜1/31 平日11:00−15:00 2/1〜4/7 10:00−16:00 4/8〜6/23 10:00−17:00 6/24〜9/10 9;00−18:00
9/11〜11/24 10:00ー17:00 11/25〜12/22 平日 9:00−19:00 土日 10:00−19:00 12/23〜31 10:00−17:00
  休館 12/24,25,31 1/1

オーフス駅からの費用(大人往復)

オーフス駅から バス代往復34DKR 入場料 夏80DKR(それ以外50) 計114DKR 2500円

注意

デン・ガムレ・ビュの英文ホームページがあります。イベント予定、開館時間、休館、料金、行き方などが書かれて必見です。
歩いても行ける距離であるが、はじめての人は迷って見学前に疲れてしまわないようにバスで行くのがよい。

推薦

わざわざ行くほどでもないがオーフスへ行くことがあれば楽しめる。

ホーム 北欧旅案内 戻る サンタレタ協会