ロスキレ ヴァイキング船博物館  

場所: デンマーク ロスキレ駅から徒歩30分

ロスキレ近郊で発掘された5隻のヴァイキング船が展示されている。ここではヴァイキング船の複製が多く作られ港内に浮かんでいる。その他の展示物は少ない。駅からロスキレ大聖堂の横を通り博物館までは美しい公園を下ってゆく道筋、博物館の外の海の景色も美しい。コペンハーゲンから列車で20分で行けるのでデンマーク最大のロスキレ大聖堂見学かたがた散歩がてら行くのに良い。
掘り出され復元されたヴァイキング船 発掘されたヴァイキング船。
複製された船の数々 復元模型
復元した内部 博物館外の海

ロスキル駅からロスキレ・ヴァイキング船博物館への行き方

途中見学。デンマーク最大のロスキレ大聖堂 大聖堂から博物館までの公園の道

ロスキレ・ヴァイキング船博物館 開館時間

年中 10:00−17:00  休館日 12月24,25,31日

コペンハーゲン駅からの費用(大人往復)

コペンハーゲン駅からロスキレ駅まで電車20分 160DKR 博物館入場料80DKR(10月から4月間 50DKR) 17歳まで無料 ロスキレ大聖堂入場料15DKR 計255DKR  5300円

注意

日本語の解説書「ロスキルドのヴァイキング船会館」が売られています。読んでから、再度見直すとよいでしょう。
ヴァイキング船博物館の英語のホームページで開催時間、休館日、料金、などが掲載され必見です。

推薦 

ヴァイキングについての展示はやや物足りないが、コペンハーゲンから近く、ロスキレ大聖堂見学、途中公園散歩を含め気持ちの良い1日を過ごせる。

ホーム 北欧旅案内 戻る サンタレタ協会