森の十字架 スクーグスチルコゴーデン

1994年世界遺産ーストックホルムの郊外にある心の動きに配慮して設計された森の中の墓地

森の十字架 スクーグスチルコゴーデン 見どころ紹介

1910年ストックホルム市はこの森に墓地を作ることにし、コンペに優勝したアスプルンド、レーヴェレンツの当時の墓地とは全く異なった趣のユニークな設計により建設された。松が生育する氷堆石の丘に自然と建築美術が一体となり、葬儀へ向かう弔問客の心の準備が出来るように、別れの後は悲しみを和らげるように配慮した設計がされています。毎年2000人の葬儀が営まれる。11月のオールセイントデーにはキャンドルが丘一面に灯される。
生、死、生のシンボル
 十字架を望んで礼拝堂へ
簡素な信仰、希望、聖十字架の礼拝堂
 火葬場が隣接
森の中に静かに点在する低く質素な墓 多くの墓標の周りには花の苗が植えられている
スウェーデンの生んだ名女優 グレタガルボの墓 墓標
神殿風の復活の礼拝堂へ向かう
888メートルの小道
花崗岩の十字架 
右には楡の高台、瞑想の丘がある

 森の十字架 スクーグスチルコゴーデン 行き方

ストックホルムから地下鉄グリーン線 ファーシストランド行きに乗り14分 スクーグスチルコゴーデン駅で下車 徒歩10分
スクーグスチルコゴーデン駅 駅下車花屋の右、林の道を行く

 ビジターセンター営業時間

ビジネスセンターは墓地の中央にある。夏季は毎日営業 日本語の説明案内書もあります。
ガイド案内申込 bokning@stadsmuseum.stockholm.se

 費用

 入場無料

事前調査のためのホームページ(時間等変更のため必ず確認要)

スクーグスチルドゴーデンホームページ 必見 日本語案内のPDFあり。印刷して事前必携。

推薦・備考

北欧の真髄。事前に案内を読んで設計意図を理解しておくと味わい深い。
 
ホーム 北欧旅案内 戻る サンタレタ協会